トリムウォーター博士のびっくり実験室


実験1 薄くならないお茶の不思議

まず少量の緑茶をグラスに入れ、一方に浄水、もう一方に電解水素水(トリムウォーター)を加えて、違いを比べてみると…?

動画でチェック!!


  • 映像を見る(ブロードバンド)
  • 映像を見る(ナローバンド)
あら不思議!

浄水の方はお茶の色が薄くなりましたが、電解水素水(トリムウォーター)を加えたお茶は、色が薄くなることもなく、そのままお茶が増えたように見えます。まるでマジック?

これは、アルカリ性で抽出力が高い電解水素水の特性によるもの。緑茶に含まれる茶葉の成分を電解水素水が引き出しているのです。


このすぐれた抽出力は、水出しのお茶を作る時にも発揮されます。

ふたつのコップに同量のお茶の葉を入れ、水道水と電解水素水(トリムウォーター)をそれぞれに加えてみましょう。


お茶だし比較イメージ
色の違いが一目瞭然!

電解水素水の方は、注いだ瞬間からしっかりお茶の成分が抽出されているのがはっきりわかります。

また、電解水素水を使うと、ごぼうなど野菜のアクもよく抜けるので、お料理にもとても便利です。かつおぶしや昆布を使ったダシも濁りのない透明感のある上品な味になります。