〜命をつなぐ水〜 水にまつわる豆知識

  • 水と身体の関係
  • 地球上を旅する水

水分は若さのシンボル

私たちの身体の半分以上は水分が占めています。身体の部分や性別で多少の差はありますが、年齢によっても体内の水分量が大きく違います。

赤ちゃんの場合は、水分が身体の約80%あるのに対し、大人では約60%になり、 高齢になると約55%にまで減少してしまいます。つまり、身体の水分率は若さを図るバロメーターでもあるのです。

さらに、身体の水分の約20%が失われると、生命の危機にさらされるといわれておる。水分は生命維持にもとても大切なものなんだよ。

血液のほとんどが水分

私たちが生きていくうえで欠かせない酸素や栄養素を体中に運び、老廃物を集める重要な働きをする血液。その血液成分のほとんどが水分です。この水分が不足すると、粘度の高いドロドロの血液になる恐れも。
健康的な血液のためにも、いい水を十分補給することが大切です。

身体に十分な水分を

同じ飲むなら、おいしいだけでなく身体にいい水を飲みたいものじゃな。

水・お茶 厚生労働省・農林水産省より決定された食生活指針「食事バランスガイド」でも水は、食生活の主軸となっています。大人の場合、1日に約2?の水が必要なんじゃ。

私たちの身体の半分以上を占め、体内で重要な役割を果たしている水分ですが、その水はつねに失われています。尿や汗として排泄されるほか、呼吸によっても身体の外に出ていきます。
1日に失われる水の量は、大人で約2.5〜3リットル。
健康でみずみずしい身体を保つためにも、これを補う必要があります。

食事などからとれる水分の量は、約0.5〜1リットル程度。
残りの約2リットルを飲料水などで補給しなければなりません。
上手な水分補給のポイントは、こまめに飲むこと。
身近に水を置いて、ノドが渇いたらいつでも飲めるようにしておきましょう。